あなたにあった虫歯の詰め物を選ぶポイントとは?

虫歯の詰め物の種類
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

あなたは歯医者さんに行って詰め物の種類を説明されたとき、選ぶのに困ってしまったことはありませんか?レジンとセラミックの違いってなんだろう?と迷ってしまったあなた、この記事を読めばあなたにあった虫歯の詰め物を選ぶことができるようになります。

1.虫歯の詰め物の種類

白いものはコンポジットレジンとセラミック、金属は保険の金銀パラジウム合金とゴールドがあります。 虫歯の詰め物には白い材料(2種類)と金属(2種類)があります

 虫歯の詰め物の種類と費用の一覧

.1 コンポジットレジン

コンポジットレジンとは通常軟らかい粘土のような材料ですが、光をあてると短時間で硬くなる性質を持つ、プラスチック樹脂材料です。コンポジットレジンは多くの場合は1回の通院で白く、目立たずに虫歯の穴を詰めることができます。小さな虫歯であれば保険内の治療が可能です。

コンポジットレジン 

1.2セラミック

歯科で使われている白い材料の代表がセラミックです。生体親和性が高く、色が自然できれいで、天然の歯と見分けがつきません。セラミックはすり減ったり、変色することはありませんが、陶器と似た性質があるために、かけてしまうことがあります。また、セラミックは保険が適用されません。費用は5万円前後です。

1.3金合金の詰め物

金は腐食しにくく、お口の中でも化学的に安定している材料です。また、辺縁適合性に優れているため、歯にぴったり適合させて詰めることが可能です。歯と同じように自然にすり減っていくために、長期に詰め物が保持されていることが多いです。金合金の詰め物は保険適応外で、費用は50000円前後になります。

1.4金銀パラジウムの詰め物

金銀パラジウムは丈夫で壊れることはありませんが、金属アレルギーや、見た目が悪いなどの欠点があります。また、歯ぐきが黒ずんで見える、内部で虫歯が広がっても気づかない場合もあります。金銀パラジウムは保険適用で、金属は3000~4000円程度になります。

2.虫歯の詰め物を選ぶときのポイント

詰め物を選ぶ前に、虫歯の進行度を知っておくことは大切です。なぜなら、虫歯の大きさによって一番歯に良い詰め物が変わるからです。

2.0虫歯の原因と進行について~虫歯はすりばち状に広がる~

虫歯というのは細菌が歯に付着、侵入することで、発症します。虫歯の細菌が糖をエサとして酸を出します。この酸が歯を溶かす(脱灰する)ことで歯の中に穴が開いてしまいます。これが虫歯です。虫歯の進行は細菌の侵入によって穴が開いていくので、それゆえ虫歯の形はすりばち状に穴が開いてしまいます。C2C3に進行して虫歯と歯の神経(歯髄)まで近くなってくると、冷たいものがしみてきたり、痛くなってきたりします。

虫歯の進み方のイラスト

2.1虫歯あるいは虫歯の詰め物が小さいときはコンポジットレジンがおすすめ!

小さな詰め物が取れてしまった場合には、コンポジットレジンがおすすめです。なぜなら、治療するのに大きく歯を削る必要がないため、体に優しい治療法です。またほとんどの場合は1回の通院で治療可能です。コンポジットレジンは保険適用で、おおよそ1500~2500円です。

コンポジットレジンによる虫歯治療

2.1.1コンポジットレジンを使った虫歯治療がおすすめする理由とは

虫歯の進行は細菌の侵入によって穴が開いていくため、虫歯の形はすりばち状に穴が開いてしまうことが多いです。コンポジットレジンは使用前は粘土のような軟らかい材料で、光を照射することで硬くなる性質があります。そのため、虫歯の部分だけを削り取って、その形に詰めることが可能です。

1回の通院で、健康な歯質も削らないで、白く、しかも保険適応、というコンポジットレジンは、小さな虫歯の場合にはぜひおすすめしたい詰め物です。

2.1.2コンポジットレジンとMI(ミニマルインターベンション)

MIは、最小限の侵入という医療用語で、最新の虫歯治療の考え方です。

MIのコンセプトで行う詰め物治療を行うというのは、虫歯部分だけを削り健全な歯質を保存した状態で治療ができる、コンポジットレジンという材料によって可能となった治療です。

コンポジットレジンは有機材料で、有機質である歯質とそれ自体が接着することが可能です。それゆえどんな形の虫歯の穴も、接着しながら詰め物治療を行うことが可能になりました。

2.1.3 コンポジットレジンの注意点

コンポジットレジンは大きく削る必要がなく、詰めた時は白い材料ですが、変色したりすり減ったり、かけてしまうことがあります。また、コンポジットレジンは歯と同程度の硬さのため、かけたり、すり減ってきたら再治療が必要になることがあります。

2.2虫歯の詰め物が大きくなるとき

大きな虫歯の場合は、詰め物は金属かセラミックになります。その場合は型採りが必要となるため、2回の通院が必要になります。型採りタイプの欠点は、虫歯が大きくなってしまっているため、健全な薄い部分や割れやすい歯質も大きく削る必要があることです。見える部分の場合にはセラミックがおすすめです。かけたりする場合があるので、「丈夫さを優先したい、歯ぎしりをしている」方には金合金の詰め物がおすすめになります。費用が心配な場合には、一時的に保険の金銀パラジウムの詰め物にしておいて後で詰め替える、ということもできます。

 

3.詰め物が取れてしまった時の対応法とは

虫歯の詰め物の種類についておわかりいただけましたでしょうか?この章では、実際とれてしまった方への対応法について、すぐ歯医者さんに行く虫歯と、まだ時間に余裕がある虫歯との見分け方について説明していきましょう

3.1痛くなくて取れた歯が黒くないとき

まだ時間的に1~2週の余裕があるでしょう。汚れがたまらないようにきちんと歯ブラシして、時間が取れるときに歯医者さんの予約を取ってください。もし取れた詰め物があれば詰め物を歯医者さんにお持ちになってください。つけ直せる可能性が高いです。詰め物を戻そうと接着剤でつけたりしないようにしましょう。

3.2痛くなくて取れた歯が黒いとき

あまり時間的な余裕はありません。汚れがたまらないようにきちんと歯ブラシしてなるべく早く歯医者さんの予約を取ってください。痛み出してしまうとつらいですし、治療期間が長くなります。黒い部分は削る必要があります。取れた側で食事をすると歯が割れてしまうので、そちら側で食べ物をかまないように注意してください。

3.3 痛いとき

時間的な余裕はありません。なるべく早く歯医者さんの予約を取ってください。食事のときに痛みが増すようであれば、セイロガンなどの薬を取れた穴につめてふさぐことで一時的に痛みが和らぐ場合があります。痛みを長期間放置するとだんだん痛みは軽くなってきますが、虫歯の細菌が顎の骨まで達して腫れてきますので、なるべく早めに歯医者さんへ通院してください。

 

4.まとめ

詰め物がとれてしまってすぐは痛みがない場合が多いです。でも、穴があいてしまった虫歯は自然には治りません。虫歯は痛みがなく、小さければ小さいほどコンポジットレジンを使って1回の治療で終わります。痛みが出てくる前になるべく早く歯医者さんを受診するようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSで最新情報をチェック

コメントはこちらからどうぞ

コメントを残す